ソフィア矯正歯科クリニック
ソフィア矯正歯科クリニック

治療の方法

矯正器具:3Dイメージ

歯の裏側からの治療

リンガルブラケット矯正装置(STb、クリッピーL)

最近用いられる裏側からの装置は従来のものに比べて小さくなり、より舌に対する違和感が少なくなりました。なかでもクリッピーLはシャッター式になっており、よりスムーズな歯の移動を目的に開発されたものです。

矯正器具使用イメージ

シャッター式の開閉になっています。

矯正器具使用イメージ

カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置 (インコグニート)

個々人の歯の形に合わせて装置をデザインし、制作する、カスタムメイドの装置です。
装置が金色なのは精度向上のために金合金を用いているからです。
外れにくいとされている反面、裏側の中でも比較的大きな装置になるかと思います。
本装置は薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外
となる場合があります。

マウスピース型矯正装置(インビサライン)

2週間に一度新しい装置を交換して少しずつ歯を動かす装置です。
最大の利点は取り外しが可能なことでしょう。
食事や歯磨きの際には取り外すことができます。
本装置は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害 救済制度の対象外となる場合があります。

インビザライン

欠点としては装着している時間が短いと十分な効果が得られない場合があります。
また現時点では歯を抜いて治療する場合などでは他の装置と併用して治療する場合があります。

invisalign / invisalign teen

装置をお渡ししてそれでおしまいではありません。
目標通りの歯の移動が達成できているのかチェックしていく必要があります。
装着しなければ効果が出ないので皆さんの協力度に依存する度合いが極めて高い装置といえます。

ソフィア矯正歯科クリニック

〒890-0046
鹿児島県鹿児島市西田 2丁目2-4 尾堂ビル1F
TEL 099-206-2018 FAX 099-206-2218

© 2014 Sophia Orthodontic Clinic Inc